企業ニュース / Corporate News

企業ニュース / Corporate News

  • 2022/03/31

    大学院生や研究者のためのキャリアマガジンである「ACARIC JOURNAL(vol.4 2022 Apr.)」の特集「企業内研究」のページに、弊社代表グラドコフ・アレクセイのインタビュー記事が掲載されました。「金太郎Cells Powerが挑む再生医療の普及」というタイトルのもと、会社の概略、金太郎細胞®の特徴、今後の展望などについて詳細な内容が展開されました。また、人材系の雑誌ということもあり、弊社がこれから求める細胞培養関連の人材などについても紹介されています。さらに、日本の再生医療・細胞療法の普及促進に関して、読者へのメッセージとして強い言葉で語られています。機会がありましたら、ぜひご一読ください。

  • 2022/02/25

    2月11日から13日までの3日間、弊社の小樽忍路研究所では「雪あかりの路in忍路2022」と題したイベントを行いました。小樽市の「雪灯りの路」は、感染防止のため昨年に引き続きメイン会場を設けず、市民が各自であかりを灯す方式で開催。弊社研究所の敷地内の細胞神社周辺に、スノーキャンドル300個以上を飾り、17:00~20:00に火を灯して心温まるひと時を過ごしました。石造りの蔵を再生した弊社研究所前の特設ステージでは、「おたる潮太鼓保存会(11日)」、「小樽太鼓衆鼓響(12日)」の方々による迫力ある和太鼓の打演が夜空に響き渡りました。常設のプロジェクションマッピングの投影とともに、今年の雪あかりフェスティバルを一層楽しく盛り上げました。

  • 2022/01/21

    1月16日、弊社代表グラドコフ・アレクセイは、廣瀬伸次先生とともに山梨県甲府市にある武田神社を訪れました。この神社は武田信玄公を御祭神としてお祀りしていることでも知られています。廣瀬先生は本殿葺き替え工事に際して寄進されており、武田神社と大変ゆかりの深い人物です。弊社の発展と廣瀬先生のご家族の健康のご祈祷をお願いしました。また、本年3月15日に東京で上演される弊社が主催する演劇の巡演場所として、現在、日本各地の伝統と歴史ある場所を中心に検討しています。そこで武田神社敷地内にある甲陽武能殿での演劇上演について、同神社宮司と話し合いの場が設けられました。

  • 2021/12/19

    弊社代表のグラドコフ・アレクセイと顧問の尾張栄治が、鹿児島県南九州市にある知覧特攻平和会館を訪問しました。ここには第二次世界大戦末期の沖縄戦において、特攻という人類史上類のない作戦の任務に就いた特攻隊員の遺品や関係資料が展示されています。彼らがこの知覧の地から飛び立つ際に念じたことは、何よりもこの国の平和と繁栄の再生であったと推察されます。今回の訪問によって特攻隊員たちのその崇高な精神力に敬意を払うとともに、弊社も再生医療・細胞療法をより多くの人に理解させるために、さらなる努力を続けていくべきというコンセプトを再認識する絶好の機会となりました。

  • 2021/12/13

    12月13日(月)、ホテルオークラ東京 プレステージタワー1階「平安の間」で、自由民主党の前衆議院議員で前防衛副大臣兼内閣府副大臣の中山泰秀氏による「中山泰秀政経セミナー」が開催されました。このセミナーに弊社から代表取締役のグラドコフ・アレクセイと経営顧問の鮎川純太の両名が参加いたしました。昼食後の講演には今回、元内閣総理大臣の安倍晋三氏が講師として招かれ、国内外の情勢に関する話を聞くことができました。安倍氏のほかセミナー主催者の中山氏はもちろん、著名政治家たちの話も聞くことができ、大変有意義な時間を過ごすことができました。