再生医療の、新たな未来へ。

私たちはKINTARO Cells Powerです。

高度なバイオ技術で抽出培養された、
骨髄由来の間葉系幹細胞「KINTARO細胞」
私たちはその研究開発企業として、
“人々の健康寿命を延ばす”ための挑戦を続けます。

  • 企業情報
  • 事業内容
  • 幹細胞情報
  • 企業ニュース
  • 企業ニュース

    • 2022/08/04

      株式会社金太郎Cells Powerの骨髄由来の間葉系幹細胞である金太郎細胞®関連の技術に関して、マレーシアでも3つの特許を取得することができました。このニュースを弊社のパートナーおよび利用者にお知らせします。日本国内でも特許を取得している「幹細胞培養方法」「培養生成(上清)液製造方法」「活性化幹細胞製造方法」です。
    • 2022/08/03

      7月27日、シンガポールのToGEAR PTE.LTD. のCEO加藤順彦氏が、株式会社金太郎Cells Powerの小樽忍路研究所と細胞神社の見学に訪れました。加藤氏の会社は弊社の販売代理店であり、ご自身は弊社の株主の一人でもあります。加藤氏はコロナ禍で抑制していた日本人向けのメディカルツーリズムを、このたび再開しました。施術を行う場所はシンガポールのクアラルンプールです。加藤氏は今回の訪日の際、弊社代表のグラドコフ・アレクセイに対して、これまでの施術体験者からの感想やその効果についての報告も行ってくれました。クアラルンプールで金太郎細胞®の細胞療法を考えている方は、加藤氏のWebサイトをご覧になってみてください。https://kintaromsc.com/
    • 2022/07/30

      7月23日、24日にかけて、シンガポール、マレーシア、インドネシアの金太郎Cells Powerのパートナーたち9名が来日。弊社の小樽忍路研究所と細胞神社の見学に訪れました。長引くコロナ禍の中で、海外のパートナーたちが訪日し小樽忍路にやって来たのは、今年5月に開催された「KINTARO桜まつり」に続いて2回目のことです。パートナーたちは小樽市内で行われていた「おたる潮まつり」にも足を運び、小樽港周辺で開かれた夏の風物詩・納涼花火大会も楽しみました。
    *商標登録上の表記は、「金太郎細胞®」または「KINTARO Cells®」となります。