再生医療の、新たな未来へ。

私たちはKINTARO Cells Powerです。

高度なバイオ技術で抽出培養された、
骨髄由来の間葉系幹細胞「KINTARO細胞」
私たちはその研究開発企業として、
“人々の健康寿命を延ばす”ための挑戦を続けます。

  • 企業情報
  • 事業内容
  • 幹細胞情報
  • 企業ニュース
  • 企業ニュース

    • 2021/04/03

      株式会社金太郎Cells Powerは、アジアで最も革新的な幹細胞医療のバイオ企業として「2021年 グローバル・エクセレンス・アワード」を受賞しました。この権威ある賞は読者に最新ニュースと解説、さらに詳細な分析までを提供しているデジタルビジネス誌「AcquisitionInternational(アクイジションインターナショナル)」によって授与されます。「グローバル・エクセレンス・アワード」は卓越した業績を継続し、業界をリードしてきた企業および個人を表彰することをその目的としています。同誌の専門家たちは、日本企業である金太郎Cells Powerを今年度の細胞医療業界のリーディングカンパニーに選定しました。金太郎Cells Powerは、間葉系幹細胞の優れた力を利用した細胞医療でアンチエイジングや健康寿命の延長、そして多くの人々の生活の質の向上を実現します。私たちは今後も、継続的な技術革新に全力で取り組んでまいります。
    • 2021/03/06

      2021年3月6日、ベトナムのタイグエン省最大の病院であるタイグエン総合国立病院内に、新たに「金太郎幹細胞センター」が開設されました。今回、高度な設備を持つ国立病院とのパートナーシップを締結したことは、株式会社金太郎Cells Powerにとっても非常に重要な節目となる出来事となりました。 同センター開設後、ドクターなど医療の専門家をはじめ、再生医療・細胞治療に関心の持つ多くの方々を対象にしたセミナーを開催。その中で細胞治療の医学分野における発展と、最新のイノベーションについての講演が行われました。 私たちは同病院の医師及び経営陣、そしてこの協力を可能にしてくれたすべての方々に謝意を伝え、同時にベトナムに再生医療・細胞医療の新しい時代が訪れたことを確信しました。
    • 2021/02/13

      北海道小樽市の冬の一大イベント「雪あかりの路フェスティバル」に、株式会社金太郎Cells Power小樽忍路研究所も初めてエントリーしました。フェスティバル自体は小樽市の感染拡大により中止となりましたが、各自で灯をともすことは推奨されたため、敷地内の細胞神社を中心に祈りのロウソク約160本を点灯。人々の健康を願いながら、自然の中に美しく幻想的な光景が広がりました。
    *商標登録上の表記は、「金太郎細胞®」または「KINTARO Cells®」となります。