企業情報 / Corporate Information

主要メンバー紹介

Gladkov Alexei グラドコフ・アレクセイ 代表取締役

1989年、ノヴォシビルスク大学哲学部修士号取得。2002年、モスクワにて経営学修士号取得。28年に及ぶインターナショナルビジネスの経験を重ね、そのうちの22年は日本に拠点に置きながら精力的に活動。国際医療観光、インターネットとソフトウェアの開発、バイオテクノロジー関連の開発業務等を行う。2010年、自ら骨髄由来の間葉系幹細胞治療を受け、その圧倒的な効果を実感。骨髄由来の間葉系幹細胞の調査と製品化の研究所をシンガポールに設立。2014年、高い培養技術を持つ日本に(株)金太郎Cells Powerを設立。

Fujimoto Tsuyoshi 藤本 剛士 専務取締役

マーケティング及び資金調達におけるストラクチャー全般を統括。
大手生命保険会社勤務後、金融関連会社の(株)タービュランスを設立し代表取締役に。専門は為替で、株式の運用手法やFXブローカーの選定を行う。 2015年、ロシアで骨髄由来の間葉系幹細胞治療を受け、その優れた効果に感銘を受ける。以後、幹細胞の正しい知識を普及させる活動に取り組む。

Kishi Yoji 岸 洋路 取締役

リサーチ&デベロップメント全般及びグローバル部門を統括。
1999年、東北大学薬学部卒。薬剤師国家資格取得。ジョンソン&ジョンソングループにて、大型医療機器営業、マーケティング部門に従事。その経験を活かし、国内で「KINTARO細胞」 を細胞医薬品として薬事承認を得るために各種業務に携わる。新日本メディカルリサーチ有限公司(香港)元代表取締役。福建5hz生物科技有限公司 副総経理。5hz(厦門)医療用品有限公司(中国)副総経理。

Kobayashi Ken 小林 けん CBO(Chief Branding Officer)

ブランディング&コミュニケーション展開の全般を統括。(株)電通テックにてTVCM、大型映像やメディアミックス・プロモーションのゼネラルプロデューサーとして従事。その後、起業し、SNSを連動させたソーシャル・コミュニケーション戦略の支援を行う。再生医療の新たな未来「KINTARO細胞」に深く共感したことから、国内外でのブランディングとコミュニケーション業務に携わる。

Gladkova Nina グラドコワ・ニナ メディカルディレクター(医学博士)

1997年、ノヴォシビルスク診療所の最高経営責任者に就任。2001年、ロシアのバイオテクノロジー研究所で細胞培養を研究。2009年、I.C.I.D社の研究責任者として、ロシアのバイオ技術を活用したワークショップの設計と提供、人材教育に専念。2013年、メディカルグリッド社のメディカルディレクターとして、細胞培養の実用化研究に携わる。2014年より、(株)金太郎Cells Powerのメディカルディレクターとして、再生医療の実践分野における総合研究およびラボの管理に従事。

Oyashiki Junko 大屋敷 純子 メディカルパートナー(医学博士)

1978年 東京医科大学卒業、医師、医学博士
1984年〜1986年 米国ニューヨーク州立ロズウェルパーク癌研究所にて遺伝子研究に従事。
2009年1月〜2018年3月 東京医科大学医学綜合研究所で教授として、エクソソームを応用した細胞治療研究に取り組む。
2018年4月~東京医科大学細胞治療研究、開発講座(産学連携講座)教授。
現在は(株)金太郎Cells Powerと骨髄由来間葉系幹細胞を用いた細胞治療の研究開発を行っている。